読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクロソフト エバンジェリストのブログ

日本マイクロソフトのエバンジェリストが、技術情報を発信するブログです!

Windows 8.1 のグリッドアプリケーションについて

Windows 8.1 Windows ストア アプリ

荒井です。

今回は、Visual Studio 2013で提供されるストア アプリのグリッド アプリケーション テンプレートに関しての解説を行います。

Visual Studio 2013で提供する Windows ストア アプリ用のプロジェクトテンプレートには、次の4種類があります。

  • 新しいアプリケーション
  • グリッド アプリケーション
  • ハブ アプリ
  • 分割アプリケーション

Visual Studio 2012のプロジェクトテンプレートと比較すると、ハブ アプリが新しく追加されています。ハブ アプリは、Windows 8.1 で追加された Hub コントロールを使用したアプリの作り方を示すものです。表面的には、グリッド アプリケーションと分割アプリケーションが提供する機能としては、スナップ時のレイアウトを別にすればVisual Studio 2012のものと同じと考えることができます。でも、内部的には、大きな変更がなされています。グリッド アプリケーションで作成されるページの構造を以下に示します(この構造は、ハブ アプリや分割アプリケーションでも同じです)。

f:id:ms_eva:20131004140042p:plain

続きは、荒井省三のBlogをお読み下さい。