読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクロソフト エバンジェリストのブログ

日本マイクロソフトのエバンジェリストが、技術情報を発信するブログです!

Windows 8.1 の IE11が使えないサイトがある場合

Windows 8.1 高橋

Windows 8.1でいろいろ試験中の高橋です。

ご存かとは思いますが、Windows 8 ではブラウザが新しく Internet Explorer 10になり、Windows 8.1 でも、また新しく Internet Explorer 11になってます。つまり、Windows 7のころから見ても2バージョン新しくなってます。

さて、サイトによってはブラウザの判定をして表示を変えているところもありますが、IE11で接続した場合、IEとしてみてくれればいいのですが、残念ながら「未知のブラウザ」と判定されてしまう場合もあります。そのばあい「対応していません」として、機能が使えないなど、サイトによっては問題が出る場合もあるかもしれません。

 

まずはF12でチェック

もし「お使いのブラウザは対応していません」的なメニューが出た場合、F12キーを押して開発者ツールを表示してみてください。ちなみにこのツールの名前はF12 開発者ツールといいます。これホント!

左のアイコンは一番下のエミュレーションを選んで(たぶんはじめはこれになってます)「ドキュメントモード」をInternet Explorer 10などにして試してみて下さい。だめなら「ユーザーエージェント文字列」のほうを変えてみる。

ちゃんと表示されますか?

 

継続利用するなら互換性設定

何とかうまく表示できるようになって、 継続的にそのサイトを使う場合は互換性設定をしておきましょう。

右上の歯車アイコン(Alt+x)を押して互換表示設定(Alt+B)そのサイトを「追加」してやればよいかと。

 

はやくIE11で書きた~い(妖怪人間風にw)

ちなみに、このはてなBlogのほうは、IE11で書こうとすると、いろいろと問題が... はてなさんの早めの対応をお願いします。